大企業も占いの力を借りている

占い師さんに相談している人は経営者も多いんです。

経営者は自分の直感を絶対に信じていると言います。

「でも、あと1つ何か決め手となるものが欲しいんです。」と、彼らはそういうヒントを占いに求めているのです。

経営者に限らず、トップになっている人は、占いの結果をうまく信じて事業を進めるのです。

サラリーマンやOL、主婦をしている人も、直感をどこかで信じていますよね。あとひと押しが必要な部分の比率が大きいですよね。

「自分の直感を信じてきたとしても、人生も、宇宙も、月の満ち欠けのように、絶対このままということはない。落ちる時が絶対あるわけです。直感を信じ続けているうちに、いつかおごったり、傲慢になったりする。初めは志を持って直感を研ぎ澄ましてきたものが、どこかで我欲に振り回されていく。欲望の渦の中で直感が狂ってくる時に、やっぱり落ちてきます。知恵の1つとして、星のアドバイスという情報を補給することによって、道がそれそうなものが、アッと正気に戻る。私はどこにいっちゃっていたんだろう。私はここだったはずだと、それこそカイロプラクティックのように、骨のゆがみを治すみたいな感じに持っていく」

というのが、私の好きな占い師さんの言葉です。

『三国志』に出てくる古代中国の武将たちも、車師の中に星を読む占い師を抱えていました。自己中心的な人たちでないと、あれだけの国を束ねる武将にはなれないものだと思いますが、でも、やっぱり何だかんだで最後には占い師の話を聞いていたんです。

占星術を使う占い師さんは何かが起こっているというのを、星を見ながら判断していくのだそうです。月は2時間ごとに別の星座に動くそうで、その動きで、ボイドームーンという「魔の時間」を見ると言います。

アメリカの一流企業では、その時間は会議をしないとか、重大なことを決めないらしいです。

かの有名なアップル社は、企業契約で、「魔の時間」を全部コンピュータで出しているんだとか。

さらに、飛行機事故などの大きな事件も、その時問に起きているんです!

そこの合間を『魔』と呼んでいるんです。アメリカでは、伸びている企業は、当たり前のように、顧問の占星術を用いる占い師がいるのだそうです。彼らはそれをコンピュータでソフトを組んでいて、それを会社はカレンダーのように置いているらしいのです。

 

仙台で占いをしてもらって気づいたこと

仙台に住んでいるものです。実は数か月前までいろいろ悩むことがあって占い師さんに占ってもらっていたんですよね。

その占いで気づいたことがあったんで書いていきたいと思います。

占い師さんとつい話し込んでしまっていろ色々ためになることを聞きました。その中から「なるほど」と思ったことをしょうかいしていきます。

占い師さんが言ったんです。

「実際は、動かなければ何も起きないんです。何月何日、金運がいいというんで、動かないで、家にいたら、空からお金が落ちてきたみたいなことはないんです。占いは、楽する手伝いになっちゃいけないんです」

占いと、霊感商法の違いは、霊感商法が「楽を売る」ことらしい。

「霊感商法は、100万円で幸せになれると、壺を売る。売るほうも売るほうだけど、100万円で幸せになれると思うほうも、思うほう。あれは両方に責任があるんですね」

なるほど、あやしい宗教もそうですよね。

「こうしたら、修行も何もいらなくて、楽に幸せになれる」と言ったら、その人たちを正しく指導していることにはならない。

「終末が訪れても、この宗教に入れば、あなただけが助かる」と言ったら、自分だけが助かりたいという自分勝手な人たちを集めた宗教になってしまう。

それは教育も同じですね。

先輩としては、精いっぱい試行錯誤して、こうやると失敗するよとアドバイスして、100の手間がかかるところを、50ぐらいにはできる。

でも、最終的には、自分で試行錯誤しながら動かないとダメなんですよね。

さらに占い師さんの言葉は続きます。

「今、ナマの自分自身を生きることが修行です。それで楽しんだり、いろんなことを味わうわけです。その体感をしないで、いきなりスコンと100万円で幸せになっちゃうのでは、全然意味がない。相談者がアドバイスをどのように活川するかは自山だけれども、その人たちを依存させて、相談者を私の意のままに動かすとかしたら、違ってくる」

相談にのる側には、相談者の気持ちを意のままに勣かすのが楽しいという人もいるのでしょうね。

「だからダークサイドヘいってしまう。」と言っておられました。

ダークサイドへいくのは、弁護士でさえあてはまるじゃないですか。これは自然の法則かもしれませんね。